【動画】サッカー北朝鮮が水を奪う&審判に威嚇で物議【アジア大会】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
【動画】サッカー北朝鮮が水を奪う&審判に威嚇で物議【アジア大会】

2023年10月1日に開催された『杭州アジア大会』サッカー男子準々決勝での北朝鮮の問題行動が話題となっています。

北朝鮮選手が給水スタッフから水を奪い、試合終了後には審判に威嚇するシーンがありました。

今回は、『杭州アジア大会』サッカー男子準々決勝での問題行動についてまとめました。

スポンサーリンク
目次

【動画】サッカーアジア大会 北朝鮮がスタッフから水を奪う

2023年10月1日に開催された『杭州アジア大会』サッカー男子準々決勝。

日本対北朝鮮の試合が20時半から行われ、北朝鮮は序盤からラフプレーを連発。

さらに後半27分には給水タイムで日本のスタッフから水を奪う場面がありました。

水を奪った後はスタッフに殴りかかろうとしているようにも見えます。

16番の『キム・イソン』選手は、審判からはすぐにイエローカードが言い渡され、ペットボトルを投げ捨てるシーンも。

解説の方も「ひどいですね」と驚いた様子。

視聴者からは「北朝鮮の選手は水も用意してもらえないのか?」といった声もありました。

スポンサーリンク

【動画】北朝鮮選手が審判に威嚇も

試合は1-2で日本が勝利。

この結果に納得がいかなかったのか、試合終了後に北朝鮮の選手が審判に詰め寄り威嚇する場面もありました。

日本の選手が怪我をしたといった情報はなく、安心しました。

今後は2026年北中米W杯アジア2次予選で、森保ジャパンは2024年3月に北朝鮮と対戦予定。

世間からは日本選手への影響がないか、早くも懸念の声が上がっています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2023年10月1日に行われた『杭州アジア大会』サッカー男子準々決勝での、北朝鮮の問題行動についてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

芸能ニュースやお役立ち情報について書いています!

目次